18 May, 2011

BUILDING FASHION by The Architectural Association School of Architecture

31 October- 10 November | FALL 2011
join us on facebook
apply at visitingschool@aaschool.ac.uk

Image Credits: AA School Paris Spring 2011
Students: Nicholas Pajerski (USA), Yinghao Lin (China)
Studio Tutors: Jorge Ayala www.ayarchitecture.com, Christoph Eppacher www.atcepp.com
#buildingfashion_ aa school paris_ fall 2011
#JAPAN

ビルディング・ファッションは今日『ファッション+建築』から浮かび上がる実践への新しい取り組みに世界的な焦点を当てた大学などの研究機関では唯一で最先端のコースです。

ファッションの感覚はイメージを捉えるだけでなく、人々をつなぎ、実験的でオープン・エンドなデザインを引き起こす社会形態の力の集合です。ファッションとその変質する魅力は、建築のアイデンティティ、風景や性能の複雑な領域を形成しています。これらの動的な空間は曖昧な思考がもたらされる領域に属します。

ファッションの想像的な結びつきの必然性から、AAヴィジティング・スクール・パリは、束の間の肉体、変わりやすい物事、単一な空間の広がりに対し、その本質的であっても気づかれていなかった分野を利用して無くてはならない空間の質を呼び起こします。ファッションデザインの技術の変容の瀬戸際で、ビルディング・ファッションはその型紙の試作品をつくります。都市の、鮮明で、未開で、実験的な、経験したことの無い空間的なファッション論理を展開します。

今回は、適切な知識とヴォーグの協力による『ファッション+建築』への理解のもとに、AAパリの参加者へ物質的な実践のために用意される欠くことのできないデジタル・スキルという専門技術を前提に、主題が考えられた。これにより、AAヴィジティング・スクール・パリはコンピューターと物質的な調査の二つのものを縫合したラボを展開します。

コンピューテーショナル・インヴェスティゲーション・ラボは、複数のデザイン分野にまたがる実験室です。ここではデジタル技術に基づく調査を通し、学生が建築の想像的で進化するデザイン戦略に挑戦します。そのため、自動組織化と空間構成の数値プロセスの調査によってコンピューターの発達した技術を習得できます。成果物は空間的、物質的、反応的な理解による新しい建築の未来を見つける道を切り開く三次元的なダイアグラムが想定されています。

フィジカル・インヴェスティゲーション・ラボは、物理的性能や新しい空間のレパートリーを製造することに学習に焦点を当てています。デジタル・ファブリケーションの手法とデータ・プロセッシングによる製造論理の調査はデザイン・プロセスへの不可欠な方法となるでしょう。それゆえ、物質的な試作モデルをつくることは、アイデアを思いついてから改良することと、発展させるための全ての過程で、 デザイン手法への理解への重要な手段となりえます。

このプログラムは、AAスクールと、ヨーロッパ、北アメリカからの講師によって進められます。我々の集中的なデザインへの助言に加え、ワークショップはゲスト・デザイナー、企業家や国際的に知名度のある協力者のもと、質の高いレクチャー、討論とプレゼンテーションを用意しています。

パリでの経験

プログラムが始まると、多文化で活動的なパリ人の体制によって、世界中の最も重要なファッション・デザイナーの実践に触れるスクール・ライフが提供されます。さらに、AAパリの主催はファッション、デザインと建築の分析的、論理的のおおもとのパレットを広範であっても集中的に披露する刺激的で文化的な環境を提供します。ワークショプには装飾芸術美術館で開催される英国ファッション大賞を二回受賞したフセイン・チャラヤンの回顧展、も含まれます。

ビルディング・ファッションは、 産業、出版の協力的な関係機関のコースへの協賛によるパリの大きなネットワークにより強化されます。

Director: Jorge Ayala
To know more about AA School Paris click here.

No comments: